始まりは、富山県・小矢部市から

一世紀ほどの歴史しかない北海道ですが、1653年が始まりとされるお祭りを富山県小矢部市から受け継いだ沼田町。今年で32回を迎える祭の名前は「夜高あんどん祭」。
c0163376_22233793.jpg
森井弘二氏の作品

 沼田町を開拓した沼田喜三郎氏の出身地の富山県小矢部市から伝わる勇壮な中に美しさが同居するこの祭は、高さ7m・長さ11m・幅3m・重さ5tにもなる「あんどん」が主役。最大で十数基の「あんどん」が沼田の夜空を照らし出します。
c0163376_22243578.jpg
稲葉敬二氏の作品

四角や扇の形のあんどんは他の祭にたくさんありますが、この「夜高あんどん」は龍や御所車を竹細工で型どり、和紙を貼り、その上にロウを塗り、秘伝の色で彩色します。あんどんの中に仕込んだ電球が灯ると秘伝の色が鮮やかに夜空に浮かび上がります。
c0163376_2225969.jpg
森井弘二氏の作品

開催日は今月二十二日と二十三日の二日間。
夜のお祭りです。泊まりがけがベストですが、

ほろしん温泉ほたる館は申し訳ありませんが、すでに満室ですが
是非、夜空高く明々と照らすあんどんを見に来てください。

この祭の詳細は、。この私的サイトが良いかと・・・。
http://youtaka.net/
この祭にかける熱い思いが伝わります。
訪問前に↓↓ワンクリックを・・・・。


ほろしん温泉のHPもご覧下さい。http://horosin-onsen.com/

是非ワンクリックをお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[PR]
by hotarukan | 2008-08-14 22:31
<< ミストの出る岩盤浴?? 完熟のネットメロン >>